クレアチニンを理解して健康体を維持|病気に負けない体づくり

成分を知ろう

治療薬

クレアチニンは筋肉を増強したい時などに活用するもので、これはアミノ酸の1つとなっています。クレアチニンは結構苦いものとなっていて、服用するときは他のドリンクなどと一緒に飲むと簡単に摂取する事ができるのです。

詳細へ

CKD悪化予防の指標

栄養剤

CKDとは、慢性腎臓病の略語です。それを一度発病してしまうと、改善することはほとんどありません。そのなかで、クレアチニンのデータを見ながら、悪化しないよう心がける必要があります。そして、透析に移行しないように、生活を改める必要があります。

詳細へ

腎臓の問題の有無がわかる

メディシン

クレアチンの代謝産物

人間はタンパク質や炭水化物・脂肪などを代謝することによってエネルギーを生み出し、筋肉を動かして活動しています。タンパク質が代謝される場合はアミノ酸となって利用されています。こうしたエネルギーのもととなるアミノ酸のひとつがクレアチンというものです。クレアチンが問題なく代謝されると、クレアチニンという物質が代謝産物として尿となり体外へと排出されていきます。しかし腎臓に問題があってうまく機能できていないと、クレアチニンを尿として体の外へ出すことができず、血液の中をクレアチニンが巡ることになります。こうしたことから、血液の中にどれくらいクレアチニンが存在するかを調べれば腎臓の健康状態がわかるため、クレアチニンの数値を調べる検査が多くの人の関心を集めています。

ノコギリヤシがおすすめ

血液中のクレアチニンの数値が高い場合、腎臓病や急性及び慢性の腎不全が疑われることとなります。そのためクレアチニンの数値は人工透析治療を始めるかどうかの目安として使われています。男性の場合は1.00mg/dL、女性の場合は0.70mg/dLを超えるとよくないとされています。クレアチニンの数値を下げるためにはタンパク質の摂取量に注意することが大切です。それに加えて、ノコギリヤシなどのサプリメントを摂るのも効果的です。ノコギリヤシはヤシの一種で北アメリカを原産とする植物です。ノコギリヤシの果実は古くから薬用に利用されてきましたが、近年クレアチニンの数値を下げるのにも効果的だとして話題になっています。

腎機能と健康を守るため

栄養補助食品

クレアチニンは老廃物の一種で、尿によって排出されます。そのため体内にこれが多く残っている場合には、尿を作る腎臓の機能が低下していると言えます。現在はそのような人が増えているため、防止する効果のある健康食品の需要が高まっています。たとえばタウリンやオルニチン、ノコギリヤシエキスのサプリメントなどです。

詳細へ